川内村観光協会

たのしいこと報告

川内村は、福島県浜通りにあって、標高400mから600mほどの中山間地域です。四季の変化がはっきりしていて、四季折々にお楽しみがあります。原発事故以来、開店休業のお楽しみも少なくありませんが、本格開店をめざすお楽しみや、現在営業中のお楽しみもいっぱい。遊びに来てくれる人、大歓迎。

座学:平伏沼観察会開催

去る、8月8日(日)に今年3回目の平伏沼観察会(今回は座学のみ)を開催しました。

DSC_0060

(さらに…)

今回は「昆虫の探し方と調べ方」と「植物標本から見えてくる阿武隈の自然」という2つの題材についての講座でした。

DSC_0021
■ふくしま虫の会
 三田村 敏正 氏
 「昆虫の探し方と調べ方」

昆虫の探し方について、また沢山の標本も持参くださり興味深いお話しを聞く事ができました。

せみの抜け殻を使った見分け方は、大人でも難しかたったですが、間近で見る機会に、参加者の方々も興味深々で三田村氏と会話されていました。

DSC_0044

DSC_0135

DSC_0147

■東京大学付属植物園特任研究員
 根本 秀一 氏
 「植物標本から見えてくる
         阿武隈の自然」

植物標本は簡単に言えば、押し花と一緒と教えて下さり身近に感じられました。

実際に植物標本をつくる場合にはどの様につくるのか、どんな道具を使っているのか、初めて見るものや知ることが多いお話しでした。
DSC_0058

DSC_0157
実際にはんだごてを使用して、植物標本づくりも体験させて頂けました。

台紙に乾燥させた植物を貼付けていきます。専用のテープをはんだごてでおさせ、植物を台紙に貼付けていく作業をします。

時間が足りないくらい、お話しや標本に触れる機会が得られ、貴重な時間となりました。

来年は、どの様な形で開催できるかわかりませんが、また参加者の方々と講師の方のお話しが聞ける機会が出来ればと思っております。

ご参加頂きありがとうございました。

DSC_0051

第3回かえるの郷トライアスロン大会inかわうち開催

去る、7月11日(日)に第3回目となるかえるの郷トライアスロン大会inかわうちが開催されました。
昨年に引き続き、コロナ対策をしながらの実施となります。

川内村からの参加者2名による、選手宣誓が行われ、今年の村の大会に華を添えてくれました。
P7111671
(さらに…)

当日は130名の選手の方々に参加を頂き、途中の雨にも負けない士気溢れるトライアスロン競技を見せて頂きました。
P7111750P7111702

今回の大会は、アクアスロンとトライアスロンがあり、アクアスロンはスイムとランのみのためキッズの参加や初めての方など参加しやすい競技になっています。

参加者の方の中には、アクアスロンとトライアスロンどちらも参加される方もおり、距離が短い大会ではありますが、その体力には驚きです。

P7111801P7111836

制限がある中での大会でしたが、参加された方々が楽しそうに、嬉しそうに競技をされていたのが印象に残りました。

また、来年も楽しい大会が開催されるのを楽しみにしております。

DSC_0550

第56回天山祭り開催

去る、7月10日(土)に第56回天山祭りが開催されました。
今年は、コロナ禍での開催となったため、開催時間の短縮と人数限定等規模を縮小し対策をしながらの開催となりました。

DSC_0081
(さらに…)

前日の雨が心配されましたが、開催当日は晴れ。
川内村民の結いによって、草野心平先生へ感謝を込めて建てられた茅葺が特徴の天山文庫を前に開催する事ができました。

川内小中学園6・7年生による詩の朗読や川内村の伝統芸能浦安の舞が披露され、参加者のみならず川内村の子供たちにとっても貴重な体験になったと思います。

DSC_0167DSC_0130

来年はまた、天山文庫の前で賑やかに話が飛び交うお祭りが開催できる事を願っております。

座学:平伏沼観察会開催

去る、7月4日(日)に今年2回目の平伏沼観察会(今回は座学のみ)を開催しました。

今回は「平伏沼はいかにして天然記念物になったか」と「川内村のイワナの秘密~イワナは眠るの?~」という2つの題材についての講座でした。

DSC_0054

(さらに…)

DSC_0038
■齊藤 真知 氏
「平伏沼はいかにして天然記念物になったか」
なぜ平伏沼が天然記念物になったか、今まで村民もわからなかった歴史的背景とともに、とても興味深いお話しを聞く事がきました。

DSC_0076
■稲葉  修 氏
「川内村のイワナの秘密~イワナは眠るの?~」
イワナは眠るが、夜暗いときよりも夕方に眠っているらしいという事やイワナでも場所によって模様が違うなど、今度よく観察してみようと思えるお話しでした。

今まで知らなかったことを知れ、色々な目線から沼やイワナを観察してみたくなる講座となりました。ご参加いただきありがとうございます。

次回は8月8日(日)に座学講座を開催予定です。

平伏沼観察会開催

2年ぶりとなる、平伏沼観察会を去る6月20日(日)に開催しました。
当日はコロナ対策を行いながら、県内在住の方のみでしたが18名の方がにご参加頂き、貴重な学びの時間を設けることができました。

IMG_0016
(さらに…)

当日は曇りだったこともあり、湿った平伏沼の様子から講師の方もモリアオガエルに会えるのではないかと話しがありました。
参加者の方がモリアオガエルを見つけてくれたのですが、遠く枝先におり写真に収めることはできませんでした。今年はモリアオガエルとの相性がなかなか合わなかったので、残念です。

IMG_0033

IMG_0059

モリアオガエルは中々見つけれませんでしが、新種のヒラサワツブゲンゴロウやあめんぼ、アカハライモリ、子どもをお尻で育てるクモなどなど沼や沼周辺に生息する生き物の観察ができ、参加者の方々も興味深く観察し、話を聞かれている様子が伺えました。

午後からは座学です。
今回は、4名の方々に講師になって頂きお話しをして頂きました。

IMG_0142

IMG_0107
■薄葉 満 氏 「日沼の水湿地生植物」
日沼に植生する植物の話しの今と昔をお話し頂きました。

IMG_0113
■吉井 重幸氏 「福島県の水生昆虫」
ゲンゴロウの種類をたくさん説明して頂き、ほとんどが1円玉より小さいことにも驚きました。

IMG_0121
■平澤 桂 氏 「ヒラサワツブゲンゴロウ平伏沼で発見!」
新種は以外と身近にいるかもしれない、と教わりました。

IMG_0139
■小吹 純子氏 「知ってほしいクモの魅力」
怖いと思われがちなクモの魅力について、知る事ができました。

時間が足りないくらい、沢山の知識が溢れた講座となりました。ご参加いただき、ありがとうございます。

かわうち高原ドウダン祭り

去る、6月13日(日)に10年振りとなる「かわうち高原ドウダン祭り」が開催されました。当日は、雲が多いながらも暖かい陽気が散策日和に感じられる日でした。

IMG_0091
(さらに…)

R3ドウダン祭り携帯 (18)

本来ドウダン祭りは、高塚山の散策を楽しんでもらうイベントですが、10年振りという事もあり今回は芸人のヒロシさんとベアーズ島田キャンプさんを呼んでのステージイベントも開催しました。

DSC_0117
コロナ禍での開催は、不安な部分もありましたが約200名の方々にご来場頂き、高塚山を楽しんで頂けた事と思います。
また、飲食提供はできませんでしたが、物販ブースも村内の企業の方のご協力により出店して頂き、イベントに賑わいを加えてくれました。

DSC_0085

今年は暖かった事もあり、ドウダンやツツジはすでに咲き終わってしまっていましたが、ドウダン林では見頃のドウダンが残っていました。

IMG_0082

R3ドウダン祭り携帯 (55)

ご来場の皆さまにはコロナ対策にご協力を頂きながら、参加して頂きありがとうございます。

来年もまたお待ちしております。

川内村産ブドウ 2020シャルドネ完成お披露目会

川内村産ブドウによる2020シャルドネ完成お披露目会が、令和3年4月15日(木)に高田島ヴィンヤードにて開催されました。

IMG_0060

震災復興、新たな農業への挑戦及び帰還促進などを目指して取り組みを続けてきた、ワイン事業も6年目を迎えました。
2016年に約2000本定植したブドウの木も翌年拡張を行い、昨年秋に650kgを収穫する事ができたそうです。

IMG_0038

今では約1万本のブドウの木が植えられている「高田島ヴィンヤード」のブドウ畑をバックに2020シャルドネの初お披露目です。

栽培に携わった方々、村長はじめ、かわうちワイン(株)関係者の方々など、初めてのワインの味に笑顔がこぼれるお披露目会でした。



IMG_0054IMG_0048




今年は、収穫したブドウを山梨市と新潟市のワイン醸造施設にて醸造を行っていただいたそうです。

若いワイン特有のピリッとした味も魅力になるよう、これから川内村のワインとして村の新たな特産品への成長が楽しみなお酒です。

IMG_1805

完成したワインの本数が限られている為、今回は販売は行われませんが、今現在建設中の醸造施設で川内村での醸造・販売も予定しております。

IMG_0063

IMG_0061



*****************************************
【問合せ】
かわうちワイン(株)
E-mail:info@kawauchi-wine.jp
詳しくは会社HPをご確認下さい。
*****************************************





第2回かえるの郷トライアスロンinかわうち開催

去る、8月30日(日)に第2回かえるの郷トライアスロンinかわうちが開催されました。

今年は、新型コロナウイルスの影響もありお祭りもスポーツイベントも延期や中止が多くありました。
今回のトライアスロン大会も当初の予定日から延期・中止が重なりましたが、各関係機関の協力や規模縮小等もあり8/30に感染対策を実施しながら開催する運びとなりました。

トライアスロン (8)

(さらに…)

当日は、晴れのちくもり時々雨でしたが暑すぎなかったのは、選手にもスタッフにも良かったのではないでしょうか。
種目は、アクアスロン(県内数か所で実施アクアスロンシリーズ)とトライアスロンが選べました。アクアスロンはスイムとランで構成され、初心者でも参加しやすい種目です。

トライアスロン (1)

開会式では、選手宣誓も行われました。今年になって初めての大会参加の方も多く、楽しみにしている様子が伺えました。

トライアスロン (2)トライアスロン (10)

トライアスロンとしては短いコースではありましたが、選手の方々は楽しんで競技していました。

アクアスロンとトライアスロンの両競技に参加される方もいて、その体力に驚き、とても速い選手やキッズ参加の子たちの頑張りに感動した大会でした。

*********************************************
【問合せ先】
かわうちトライイベント実行委員会
事務局 一般社団法人 かわうちラボ
TEL:0240-23-7040
*********************************************
※スタッフ、競技待機中の選手、応援者マスク着用
※検温
※会場内でのソーシャルディスタンスの案内 他
新型コロナウイルス感染拡大防止対策実施しながら開催致しました

開催報告:第2回手仕事の会ひまわり 小物づくり作品展

今年で2回目となる小物づくり作品展が2月22日(土)-24日(月)の3連休に開催されました。手仕事の会ひまわりの方々が1年間つくりあげた作品を見る事ができました。

つるし雛ひとつとっても全然違う作品、見るのが楽しくなります。

IMG_6528 (さらに…)

DSC_1332IMG_6513IMG_6526

季節のものや布の組み合わせ、作る方の個性とセンスが感じられる作品がたくさんありました。

会場中に飾られたつるし雛が賑やかさを増し、ひとつひとつ違うデザインは見応えもありとても可愛らしい作品ばかりでした。

IMG_6524
IMG_6506IMG_6530

沢山の方々の作品を見る事ができる機会があるのは、とてもよい刺激になります。
これをきっかけに、小物づくりに挑戦してみてはいかがですか。

ノルディックウォーキング講習会開催

去る、10月6日に今年2回目のノルディックウォーキング講習会を開催しました。
当日は、朝から雨、雨、雨。始まる頃には止むのを期待しておりましたが、小雨が降ったり止んだりでした。そんな雨の中でも参加者の皆さんの明るさに助けれた今回の講習会となりました。

準備運動・ウォーキング・整理運動全部を行い、ノルディックウォーキングとなります。準備運動をすませ、初めて参加される方と経験者の復習のため、ウォーキングフォームの確認をしながら歩き方の練習も行います。

IMG_0012(縮小) IMG_0020(縮小) (さらに…)

いよいよ出発。コースは、第4区集会所から千扇川沿いの大根森地区内を往復5kmのコースです。

清流の千扇川も雨の影響で水が少し増え、晴れているときとは違うしっとりした雰囲気を感じれるコースとなりました。

IMG_0024

雨の中でのスタートでしたが、参加者の皆さんが楽し気に話し・笑いながらウォーキングしており、疲れを感じさせない様子がとても印象的でした。

木々が多い道だったおかげかあまり雨に濡れることもなく、ウォーキングを行う事ができました。ただ、濡れた落ち葉は滑りやすく注意が必要でした。

IMG_0050

最後の最後は整理運動です。ウォーキングで使った筋肉をほぐし、ストレッチをおこないます。

ポールを使うことで、ウォーキングだけでは使い切れない腕の筋肉を使うため全身運動が気軽にできる運動です。今回参加された方からも腕の筋肉が使われたとの感想も聞く事ができました。

IMG_0105(縮小)

また、ノルディックウォーキングは足腰にかかる負担が少なく、普段ウォーキングをされる方でもポールを使用する事でいつもより効果的な運動が期待できます。

是非、ノルディックウォーキングをはじめてみてはいかがでしょうか。

IMG_0040