川内村観光協会

2018平伏沼なう

【7月11日(水)】
4日よりも少し水かさが増えている沼を見ることができました。また、前日の雨により沼全体も湿っていました。
0711hebu (2) (さらに…)

おたまじゃくしは、発砲スチロールの中でたくさん見ることができます。最初の頃に孵化したのでしょうか、すでに手や足がはえ、尻尾がなくなりかけカエルの姿に近づいているおたまじゃくしも見る事ができました。

0711hebu (1)

0711hebu (3)

まだ枝にある卵のたに、沼のあちこちに発砲スチロールが置かれています。水が少し増え、卵が落ちるのも落ち着いてきたため発砲スチロールの数も減ってきました。

0711hebu (4)

沼の中にいると中々おたまじゃくしを観察するのは難しいですが、発砲スチロールの今は(本来、よい状態ではないですが)よく見ることができます。

平伏沼によくいるモリアオガエルはきれいな緑色をしていますが、カエルになりかけのおたまじゃくしは、まだまだ茶色のままでした。

【7月4日(水)】
川内村でもここ数日30度近い気温が続いていたこともあり、平伏沼の水は一部のみずたまり程度になってしまいました。

704hebu (3)

発砲スチロールもたくさん置いてあり、中にはおたまじゃくしがいるものもありました。一部のおたまじゃくしは既に足が生えているのも確認できました。
704hebu (1)
もともと深さがある沼ではないため、雨が少ないと水がなくなってしまうのも早いようです。
704hebu (2)

丁度たまごがかえる時期なので水がないのは心配ですが、また今週末と来週の雨で少しでも沼に水が戻ると良いなと思います。

【6月25日(月)】
天気が良い日が続いていた事もあり、平伏沼の水は観察会の時よりも大分減ってしまっていました。

その為、卵のある枝だの下には水を入れた発砲スチロールが置かれています。
0625hebu (1)0625hebu (2)

卵は下の写真のように新しく大きいものも何個かありました。この卵、他と比較できないのがざんねんですが間近で見ると本当に大きかったです。

0625hebu (5)

また、5月や6月上旬についた卵はすでにおたまじゃくしが誕生しているものもありました。池の中でも泳いでいるのがいましたが撮影できず、代わりに発砲スチロールに落ちたおたまじゃくしを。ここに写っているのは、数匹ですが実際はもっとたくさんのおたまじゃくしが泳いでいました。まだとても小さかったです。

0625hebu (4)

0625hebu (3)
左の写真は、沼の色と木の葉の色に同化して分かりずらいですが中央に小さなカエルがいます。

モリアオガエルは今日は見る事が出来ませんでしたが、この小さなカエルは沼に何匹もいました。他にも平伏沼にはたくさんの生き物がいますので、探しがてら訪れてみてはいかがですか。

【6月14日(木)】
6/11と6/12に雨が降ったのですが、沼の増水までは至りませんでした。今年5月末の沼の水量と比べても半分以下になっているように見えます。

hebu (2)

水量が多いときには水があった場所も今はありません。それでも卵がつくられている枝もあり、そのような場所には監視員の方が発砲スチロールに水を入れ対応をしてくれています。

卵の数は大小ありますが約30個程に増えていました。ただ、見えずらい場所にもあるので沼全体を見ると少なく感じるかもしれません。

hebu (1)

hebu (4)

モリアオガエルの鳴き声も1週間ほど前に比べると、あまり鳴いておらず姿もあまり見られません。

hebu (3)

ただ、全然いないわけではないので、よく見ると枝の先や卵の近くの葉に隠れていたりします。上の写真も重なりながら2匹と卵の近くに1匹います。

平伏沼に行かれる方は、枝の先や葉によく注意しながら見て頂けるとモリアオガエルも見つけることができると思います。

【6月11日(月)】
昨夜から降る雨粒が大きくなってきていますが、沼の水はそれほど増えてはいません。卵も訪れる度に何個かずつ増えてはいますが、まだこれからといった感じでしょうか。

写真がきれいに撮れていませんが、中央には卵塊があります。
hebu (2)

雨が降っていたため、モリアオガエルへの遭遇も期待していたのですが今日は姿を確認することができませんでした。

hebu (1)

hebu (4)

鳴き声は所々で聞こえるところもあり、モリアオガエルがいる様子はありました。ただ、思っていたよりも雨が強かったので、木や葉の影にいつも以上に隠れていたようです。

雨により、水も少しばかり増え、沼の状態もよくなると思います。また、雨が降っていても、晴れていても沼周辺はぬかるみが結構ありますので、平伏沼へ行かれる方は長靴がよいと思います。

【6月7日(木)】
5月に行ったときに水で歩けなかった場所が今日は歩ける程水が少なくなっていました。4日と比べると若干減った感じでしたが、今週末に雨が降るのを期待したいと思います。

kaeru (5)

写真からは水があるようにも見えますが、もっと水があるときには手前の花も水の中にあるので、少なくなっているのが分かると思います。

天気が良いせいか、モリアオガエルは見かけるものの木の日陰になる場所で大人しくしているのが多かったです。

kaeru (2)

kaeru (4)

卵は少しずつ増えていて、見つけられただけで10個以上はありました。ただ、水の量が減ってしまったため卵の下に水がない場所も見られました。少し心配ではありますが、がおたまじゃくしになるまで、時間があると思うので様子をみていきたいと思います。

kaeru (3)

平伏沼に行く道中には千翁川があります。場所によっては降りていけるところがあり、水に触れることができます。木々に囲まれているのでとても涼しく感じられる場所ですので、平伏沼に行かれる方は、千翁川へも寄ってみてはいかがでしょうか。

sen (2)

sen (1)

sen (3)

【6月4日(月)】
今日の平伏沼は、晴れの日が続いていた為、水がだいぶ減っていました。前回も多少は水が減っていたのですが、今日は全体的に水量が減り沼の中の草の様子などが見えるようになっていました。

hebu (2)

天気が良い事もあり、モリアオガエルは見れないかと思いましたが、日陰の木々で見つける事ができました。また、卵も前回より何個かですが増えていました。

hebu (4)

モリアオガエルを見れるのはタイミングによりますが、卵は今見る事が出来ます。また、きれいに咲いている花や沼に生息する生き物も沢山観察する事ができるよい時期になってきました。

hebu (3)hebu (1)

晴れた日も木々から差し込む日差しで沼がきれいに輝きおすすめですが、モリアオガエルを見たい方は、雨あがりや天気があまり良くないときを選ぶと遭遇できる確率が上がると思います。

【5月31日(木)】
先週、平伏沼に行ってから一週間が経ちました。川内村は昨日の夜雨が降ったので、様子を見に行ってみました。

kaeru (1)

水の量は先日より気持少なくなっていましたが、まだまだたっぷりありました。
先週はモリアオガエルの鳴き声は沼に行く道中で聞こえた程度でしたが、今日は沼に近づくとすぐに鳴き声が聞こえました。

また、ぽたぽたと木から何かが沼に落ちていきます。最初は雨水かと思っていましたが、よく観察しながら近づくとカエルが枝から落ちていました。

kaeru (5)

少し見えづらいですが、よく見ると中央にカエルが重なり合っているのがわかります。雨が降った事で産卵に出てきたモリアオガエルを沢山見る事ができました。

kaeru (2)
木々が重なってできる薄暗い空間では特に沢山見る事ができ、産卵の準備をするもの、枝で様子を伺っているもの、いつもよりより近くで観察する事ができました。

また、卵も確認できただけで3つ程見つかりました。来週は晴れの予報ですが、今日の夜はまた雨が降りそうなので、来週見に行くときには沢山の卵が見ることが出来るかもしれません。

kaeru (4)

kaeru (3)

【5月24日(木)】
先日、募集を開始させて頂きました平伏沼観察会ですが、早速の申込を頂いております。ありがとうございます。

今日、平伏沼に行ってきました。
水の量はとても多く、産卵にはよい状態の沼を見ることができました。
水面には木々が反射してきれいに映っていました。

hebu (2)

卵やモリアオガエルは確認することができませんでしが、アメンボらしき生き物を確認することができました。
また、姿は見れませんでしたが、ケロケロとカエルの鳴き声を聞く事ができました。

hebu (2)

観察会まで、また平伏沼の状況を紹介していきます。お楽しみに。

満員御礼!サマーキャンプ実証実験プロジェクト

いわなの郷再開発プロジェクトとして、募集しておりましたサマーキャンプ。たくさんの方からご応募いただき、満員御礼となりましたのでお知らせ致します。

今回ご応募に間に合わなかった皆さま申し訳ございません。川内村ではサマーキャンプ以外にも皆さまに楽しんで頂ける企画をしておりますので、ぜひ機会がございましたらご来村ください。

また、ご応募頂きました皆さま、様々な体験メニューを準備しております。当日のお越しをお待ちしておりますので気をつけてお越しください。

0702sama
(さらに…)

いわなの郷再開発プロジェクト
~サマーキャンプ実証実験モニター募集~

日              付:7月28日(土)~29日(日)
場              所:いわなの郷
参     加     費:おとな(高校生以上)8,000円
                         こども(小学生以上中学生まで)5,000円
                         ※テント宿泊、食事、入浴、各体験メニュー代を含む
体験メニュー:キャンプ初心者でも楽しめる体験メニューをご用意しています。
                         シャワークライミング、森林散策、野菜収穫体験、BBQ、
                         スーパー竹とんぼ体験、星空観察会、牛乳パックホットドッグ
                         ※体験メニューは都合により変更する場合がございます。

======================================================================
【お申込み】
ビジネスホテルかわうち((株)あぶくま川内)
〒979-1201
福島県双葉郡川内村大字上川内字町分394
FAX:0240-38-3236 / E-mail:kawauchi-hotel@bird.ocn.ne.jp
※受付時間:9時~17時

【問合せ】
いわの郷 体験交流館
TEL:0240-25-8809(担当:竹内)
※受付時間:9時~17時

■詳細については後日、川内村公式ホームページ及びいわなの郷公式ホームページにて掲載いたします。
======================================================================

「かわうち祭り」クラウドファンディング

「かわうち祭り-秋の陣-」を今年も開催致します。
今年は、お祭りを開催する資金が不足しているためクラウドファンディングにも挑戦中です。皆様のご支援をよろしくお願い致します。

かわうち祭り支援サイト(URL:https://readyfor.jp/projects/kawauchi)
Readyfor
(さらに…)

今年で第4回目を迎える「かわうち祭り‐秋の陣‐」は、11月3日(土)と4日(日)の2日間に開催する事が決定しております。
今までは補助金等を使用ながらイベントを開催して参りましたが、今年は開催が決まっているものの、昨年同様の規模でイベントを開催するには事業費が足りません。
事業自体の規模を縮小して開催する案もありましたが、イベントを楽しみにしていてくれる方がいるのも事実です。予算がないという理由で出来る事を出来ない事にしてしまうのはイベントを楽しみにしてくださっている方の為にもそれはしたくないという実行委員の思いもあります。

また、このイベント川内村だけでなく地域の交流や地元伝統芸能の披露・継承の場にもなっております。
そのため、事業規模は縮小せず昨年以上のイベントにしようと思い、今回のクラウドファンディングを立ち上げ、皆さまに支援をお願いすることとなりました。

川内村だけでなく、地域の交流をもたらすイベントを今年も開催し来場者の方々に楽しんで頂けるイベントにしたいと思っております。

かわうち祭り支援サイト
QR_Code_1524638409

皆さまからの支援金は、かわうち祭り運営の一部資金に充てさせて頂きます。
支援金は、1,000円から受け付けており金額によってリターン(お返し)の内容が異なります。また、支援をして下さった方全員に、お礼のお手紙をお送り致します。

*****************************************************
かわうち村まつり実行委員会

事務局 川内村観光協会
福島県双葉郡川内村大字上川内字早渡11-24
TEL:0240‐38‐2346
FAX:0240‐38‐3418
E-mail:kawauchi@coral.ocn.ne.jp
HP:/course/
*****************************************************

”かわうち祭り”カラオケ大会ゲスト

11月3日(土)-4日(日)にかわうち祭りを開催致します。

今年もステージイベントとして3日にカラオケ大会の開催を予定しており、ゲストで出演してくださる東山優子氏のCDがジャケットを新たに発売となりましたのでご紹介します。

higashiCD (さらに…)

■東山優子氏(福島県川内村出身)
     (1)追憶
     (2)冬の月    発売元:株式会社プロアンス

平伏沼観察会開催しました

去る、6/17(日)に平伏沼観察会を開催しました。今年も30名程の方にご参加頂き、とても貴重な時間を過ごす事ができました。

hebu (9) (さらに…)

集合場所から沼までは、マイクロバスで移動しますが、毎回講師の稲葉先生が平伏沼などについてお話をして下さいます。また、今年はモリアオガエルを持参頂きバスの中で模様の違うカエルを見せて頂きました。

沼についてからの観察会ではビンゴゲームを行い、沼に生息する生物や山野草等を探します。好きな場所を観察しながら、ビンゴにのっている生物も探し見つけ、珍しいものなど参加者全員で観察しました。

hebu (3)

hebu (10)

hebu (11)

hebu (12)

また、見つけた生物等は講師の先生方が説明をしてくれ、見るだけでなく学びながら観察をすることが出来ました。卵は新しいものもありましたが、既に落ちそうな卵も見受けられました。

hebu (1)

モリアオガエルは鳴き声もせず、中々姿を見る事が出来ませんでした。観察も終盤になった頃、木の枝の上の方にいるモリアオガエルを参加者の方が見つけてくれ全員で観察を行いました。その後もう1匹見つけ、2匹のカエルの色の違いやイモリとカエルの様子なども見ることができました。

hebu (2)

hebu (5)

午後からは、講師の方々による座学で「川内村の二枚貝について」「ふくしまのレッドリスト2017年版 両生類・爬虫類について」「福島の両生類」の3題についてそれぞれお話し頂きました。実際に貝を見せて頂いたり、レッドリストについて学んだり、川内村のカエルの種類や生息場所などを勉強しました。

また、今年初の試みとなる写真鑑賞会も行いました。参加者が自分が撮影した写真について話しをし、講師の方々や参加者と話し合いをおこないました。こちらも撮影する方によって、見る場所が違い新たな平伏沼の発見になりました。

hebu (7)

この時期はまだモリアオガエルの卵やモリアオガエルに会える時期です。
沼に生息する生き物も他にも沢山いますので、生物や植物を観察をしにぜひ平伏沼へお越しください。

hebu (4)

今年も観察会にご参加頂いた皆様、ありがとうございます。またのご参加お待ちしております。

ノルディックウォーキング講習会参加者募集

7月29日(日)にノルディックウォーキング講習会を開催致します。今年2回目となりますが、毎回ポールの持ち方から講習を行いますので、どなたでもご参加できます。お気軽にお問い合わせ下さい。

ノルディック2
(さらに…)

ノルディックウォーキングは、通常のウォーキングと異なり2本のポールを使って行います。ポールを使うことで、上半身の筋肉も鍛えることができるスポーツです。老若男女問わず楽しみながら行える運動です。ご参加お待ちしております。

日       時:平成30年7月29日(日) 午前9時~午後12時
                  ※小雨決行(雨天中止)
集合場所:第4区集会所  駐車場内
                  福島県双葉郡川内村上川内字大根森81-1
コ  ー  ス:千翁川沿いのコース。往復約5km。
募集人員:30名(定員に達し次第受付終了)
参  加  費:無料
                  ※ポールの無料貸し出し有り
持  ち  物:飲み物、タオル、帽子、雨具等
服       装:動きやすい服装、ウォーキングシューズまたは歩きやすい靴を着用
受付期限:平成30年7月2日(月)~平成30年7月24日(火)まで
申込方法:電話・FAX・メール等にて下記事項をお知らせのうえお申込下さい
                  氏名、生年月日、住所、連絡先、年齢
申  込  先:川内村観光協会
                  TEL 0240-38-2346
                  FAX 0240-38-3418
                  E-mail kawauchi@coral.ocn.ne.jp

主       催:川内村観光協会
共       催:川内村、日本ノルディックフィットネス協会
後       援:(株)あぶくま川内、(株)フクシエンタープライズ

************************************************************
【問合せ先】
川内村観光協会
福島県双葉郡川内村大字上川内字早渡11-24
TEL 0240-38-2346 / FAX 0240-38-3418
************************************************************

noru (5)

いわなの郷にモリアオガエル

平伏沼に多く生息しているモリアオガエルですが、池や水があり緑が多い場所にも卵を産むことがあります。
毎年、いわなの郷にある「幻魚亭」でもモリアオガエルの卵を見れる機会があります。

iwana (6) (さらに…)

iwana (7)

今日は、2つの卵が確認できました。
一つは、枝の上のわかりやすい場所にあり、最近できたものかまだ色がきれいです。

iwana (1)

もう一つは、池に近い下の枝にできていて、葉に隠れて見えずらいですが、こちらの方が早く卵が産みつけれたため色がくすんでいます。

池の近くで、モリアオガエルの鳴き声も聞こえたので近づいてみるとカエルを発見。すぐ近くで見ることができました。

iwana (2)

iwana (5)
また、池にはおたまじゃくしも沢山います。カエルの種類はわかりませんが、水もきれいなのですぐに見つけることができます。

お昼を食べに行った際には、池の方も見て頂けると楽しいと思います。

第53回天山祭り

今年で53回目を迎える、川内村の三大祭りの一つ「天山祭り」が7月に開催されます。このお祭りは名誉村民である草野心平先生の発案により、天山文庫の落成を記念して始められました。今では、草野心平先生を偲ぶお祭りでもあります。

36576953_272118423351152_7429472417606533120_n (さらに…)

人と人が出会い、土地のものを食べ、皆で飲み、親睦を深め、川内村の歴史ある文化の伝承とともに楽しんで頂けるお祭りです。
賑いとは少し違う、天山文庫前庭でのしっぽりとした雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

【第53回  天山祭り】
日    時:平成30年7月14(土)
               午前11時30分~14時(終了予定)
場    所:天山文庫前庭(雨天時は、体育センター)
参加費:一人  500円
内    容:①開祭のことば
               ②実行委員長あいさつ
               ③来賓祝辞
               ④来賓紹介
               ⑤献花
               ⑥詩の朗読
               ⑦詩の朗読(歴程関係者等による)
               ⑧鏡開き
               ⑨乾杯
               ⑩郷土芸能披露
               ⑪アトラクション
               ⑫おひらき

主    催:川内村天山祭り実行委員会
共    催:川内村・川内村観光協会
後    援:福島民報社・福島民友新聞社
協    賛:行政区長会・婦人会・第6区祭り保存会・交通安全協会川内分会

******************************************
【問合せ先】
天山祭り実行委員会
事務局:川内村教育委員会
TEL:0240-38-3805
******************************************
                    

ten

第7回平伏沼観察会

今年で7回目を迎える平伏沼観察会の参加者を募集致します。
平伏沼に生息する生き物を探したり、川内村にまつわる生き物についての座学等を行います。
泡状の卵を木の枝に産み付けるモリアオガエルも生息しており、この時期しか見れない生き物探しをお楽しみ頂けます。

kansatu
(さらに…)

日       時:平成30年6月17日(日) 午前9時集合(雨天決行)
集合場所:いわなの郷体験交流館 駐車場
                  ※現地にはマイクロバスで送迎いたします。
参  加  費:お一人様1,000円(資料代、傷害保険代等を含みます)
持  参  物:昼食、飲み物、帽子、長袖、雨具、長靴等
                  ※沼周辺がぬかるんでいる場所がある事とビンゴゲームを行うので
                      長靴での参加をおすすめします。
                  ※いわなの郷内「幻魚亭」で昼食をとることができます。
募集人員:30名
申込方法:氏名、生年月日、住所、連絡先を電話またはFAX・E-mailで
                  川内村観光協会までをお知らせください
申込締切:平成30年6月12(火)
スケジュール:
                    9:00   集合・受付
                  10:00   現地にて観察会
                              「生き物探し」のビンゴゲーム
                  12:00   昼食
                  13:00   座学 会場:いわなの郷体験交流館ふれあいホール
                              ■福島県野生動植物保護アドバイザー 稲葉修氏
                              「川内村の二枚貝について」
                              ■東邦大学 松島野枝氏
                              「ふくしまのレッドリスト2017年版  両生類・爬虫類について」
                              ■国立科学博物館 吉川夏彦氏
                              「福島の両生類」
                  14:00   写真鑑賞会
                              ※参加者が自分の撮影した写真を紹介し、その写真を選んだ理由など
                                  を通して平伏沼や平伏沼の自然について参加者同士で話し合いま
                                  しょう。
                  15:00   解散

主       催:川内村観光協会
協       力:(株)あぶくま川内
後       援:川内村、川内村教育委員会

********************************************************
【問合せ】
川内村観光協会
TEL:0240-38-2346/FAX:0240-38-3418
E-mail:kawauchi@coral.ocn.ne.jp
********************************************************

ひとり親世帯体験ツアー参加者募集

福島県川内村では、ひとり親世帯の方々への移住促進事業を実施しています。

hitori (2) (さらに…)

移住には興味があるけど、川内村ってどんな所かわからないし、全く知らない土地にいきなり行くのは不安という方もいらっしゃると思います。

今回のひとり親世帯体験ツアーは、川内村を肌で感じ、村内の方々と交流しながら川内村を知って頂ける機会となっております。お問い合わせだけでも歓迎しておりますので、気軽にご連絡ください。

hitori (1)
日    時:平成30年7月21日(土)~22日(日)
               ※1泊2日

場    所:川内村内

参加費:無料
               ※交通費補助あり(お一人3万円まで)

対象者:中学以下のお子様をお持ちで、
               移住を考えているひとり親世帯の方。

体験日程:左記チラシ参照

******************************************************
【問合せ先】
川内村役場 総務課 企画政策係
〒979-1292
福島県双葉郡川内村大字上川内字早渡11-24
TEL:0240-38-2111 / FAX:0240-38-2116
******************************************************